最新情報

お知らせ

夏季休暇

就労支援センターは次の期間は夏季休暇で閉館します。

 8月10日(土)から8月15日(木)

8月16日(金)は通常通り開館します。

お知らせ

コインパーキング

車で来所される方については、自前の駐車場がないためにご面倒をおかけしています。
当ビル(岡崎ビル)の西隣のビルが取り壊しになり、駐車場になりました。奥のほうに止めていただくと雨の日でも楽に来所していただけます。1時間100円です。

6月8日(土)
10時30分〜12時

やまぐちロービジョンフォーラムでiPhone体験講座

やまぐちロービジョンフォーラムの中で開催されたVoiceOverを使ったiPhone体験講座に講師としてお招きいただきました。所長の吉松と須藤の二人が講師を務めました。定員20名を超える申し込みがあったそうで、教室は熱気に包まれました。全くiPhoneに触ったことがない方、iPhoneは持っているがVoiceOverは使ったことがない方、全く見えない方、見えにくい方、晴眼の方といろいろな方がいらっしゃいました。
これを機会にiPhoneを使って自分の生活を少しでも豊かにできる方が増えるといいと思いました。

毎月第3金曜日
12時〜15時

「一丁目の元気」でワンコインマッサージ

一昨年から毎月第3金曜日に「一丁目の元気」(小倉北区京町)でワンコインマッサージをしています。地元の京町商店街の方や通りがかりの方に少しでも安らぎの時間を過ごしてもらい、「一丁目の元気」やあいずをはじめとする市内の障害者施設のことなどを知っていただく一助になればと思います。

写真:マッサージの様子1

連休のお知らせ

4・5月の休日について

本年度の大型連休のあいずは、暦通り、4月27日(土)から5月6日(火・祝)までの10日間がお休みになります。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いします。

平成31年4月1日

施設長交代

平成31年3月末日で開所時から施設長を務めていた須藤が退任し、4月から吉松が新施設長として就任しました。これまで同様、皆さまのご支援、ご協力をお願いします。
なお、須藤は週4回勤務で支援員として勤務を継続します。

平成31年3月26日

合格おめでとう !

本日は、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師国家試験の合格者発表でした。
当センターで勉強していたTさんが見事に合格しました。おめでとうございます!

毎月第3火曜日

FM KITAQ にラジオ出演

平成30年6月から月2回でしたが、本年度から月1回第3火曜日の10:45からの番組に5分ほど電話出演しています。当センターの活動内容の他に、視覚障害について理解を深めてもらえるようなことを少しずつお話ししています。職員だけでなく通所者の皆さんにも出演してもらっています。
FM KITAQ は、小倉のコミュニティFM放送局として15年近い歴史を持って地域の情報を発信しています。
FMラジオを78.5MHzに合わせてみてください。電波が届かないところにお住いの方もサイマルラジオで聴取できますので、パソコンやスマホででも聞いてみましょう。

・1月17日

鹿児島盲学校から見学

鹿児島盲学校からお二人の方が見学にお見えになりました。三つの部門を見ていただきましたが、何か参考になったでしょうか。

・11月25日

障害者芸術祭作品展で市長賞

当センターの職員である水上嘉美が「第11回北九州市障害者芸術祭作品展」で市長賞に入賞し、11月25日に表彰式がウェルとばたでありました。
 「ありがとう」という作品で、12月2日(日)までコムシティ3階の「市立美術館黒崎市民ギャラリー」で展示されています。
 11月30日には、センターの利用者さんと作品展を見に行きました。

・11月8〜9日

写真:全体会の様子

職業リハビリテーション研究・実践報告会

東京ビッグサイトで開催された高齢者・障碍者・求職者雇用支援機構主催の「職業リハビリテーション研究・実践報告会」で施設長の須藤が当センターの取り組みについて報告・発表をしてきました。地方都市で視覚障害者の就労支援に取り組んで一定の成果を上げていることを知っていただけたと思います。
この報告会は、48の分科会を擁する1000人規模の大会で今年は第26回目でした。

平成30年10月20日(土)

北九州視覚特別支援学校ふれあいフェスタ

昼休みを利用してドットパックの販売をさせていただきました。短時間の間にたくさんお買い上げいただきました。ありがとうございました。
また、午後からは、学校の70周年記念行事があり、パラクライマーの小林幸一郎さんの後援と小林さんの指導によるボルダリング体験があり、当センターの吉松次長も挑戦しました。

写真:販売の様子

写真:販売の様子

写真:ボルダリング体験吉松次長

平成30年8月18日(土)
@10時30分〜12時30分 
A13時30分〜15時30分

点字ワークショップ開催

障害者自立支援ショップ「一丁目の元気」で、視覚障害や点字についてより広くより深く理解を深めてもらう目的で開催しました。
 親子連れなど合計8名の方に参加していただきました。
 当日の講師は、点字利用者である当センターの職員と利用者の方が務めました。そのうちの一人は盲導犬ユーザでもあったので、盲導犬についての話もしてもらいました。
 点字の歴史や点訳の概要の話のほかに、どうやって点字を印字するのかを体験していただきました。今回は、名刺サイズのカードに点字器と点筆を使って手打ちをする、点字タイプライターを使う、ピン組をして一枚ずつ機械で印字する、パソコンで点訳して点字プリンターに出力するという4つの方法を使って自分の名刺を作っていただきました。
 参加者の方からは、楽しく点字について学べたと大変好評でした。

写真:会場の様子

写真:ピン組をしているところ

写真:点字タイプライター

6月24日(日)
10:00〜16:00

見えない・見えにくい人のための福祉機器展

あいずは「便利グッズコーナー」で次の5つのブースを担当しました。

○便利グッズ
北九州視覚特別支援学校のご協力を得て視覚障害者に便利で役立つグッズの展示をしました。
○名刺に点字を印字してみよう
パソコンに自分の名前などを入力して点字化して点字プリンターで打ち出すまでを体験していただきました。
ひっきりなしに25人の方がおみえになり、時間がなくて体験できない方もいらっしゃいました。
8月に「一丁目の元気」で同じようなワークショップを開催する予定です。
○点字紙を利用した紙製品の展示・販売
当センターの作業所部門で製作したものを展示・販売しました。たくさんの方にご購入していただきました。
○日常生活用具などの相談
当センターは、北九州市や近郊の自治体に指定された日常生活用具の取扱業者です。いろいろな機器についての相談に応じました。
○ブレイルメモスマートの体験
ケージーエスの携帯端末機「ブレイルメモスマート」の体験をしていただきました。

6月22日(金)

Rivo2 体験会

Rivo2は、iPhoneなどのスマートフォンにBluetooth接続して、フィーチャーフォン(ガラケー)を操作するように片手で操作できるキーボードです。スマートフォンの文字入力の困難さを大きく解消できる可能性があります。
また、Rivo2のマイクからSiriの操作や電話の通話ができ、iPhoneの音声をRivo2本体で聞く事ができるので、iPhoneをポケットや鞄の中に入れたままRivo2だけを持って操作をすることもできます。
講師の株式会社ラビットの荒川様の解り易い説明を24名の参加者の方々が実際に操作をしながらの楽しい体験会でした。
視覚障害者の方でガラケーからiPhoneに変更を迷われている方にはお勧めの商品でした。

平成30年6月

就職おめでとうございます!

当センターのあはき部門で就労移行サービスを受けていたMさんの就職が決まり、今月から介護施設のあん摩・マッサージ・指圧師の職員として働いています。
昨年と一昨年の整骨院への就職に続いて、今年度もあはきの施術者としての社員就職となります。
継続して就労できるように当センターも引き続き支援をしていきます。

平成30年5月13日(日)

北九州市障害者スポーツ大会卓球協議

写真:STT競技室

今回が56回目になる北九州市障害者スポーツ大会のサウンドテーブルテニス(STT)競技に当センターから永島さんが、他にも当センターから2名の利用者の方が「さわやかSTT」のメンバーとして参加されました。
その中でお一人が優勝、お二人が3位入賞されました。

お知らせ・紹介

視覚障害者への情報保障に関する事業

当センターでは、次のような視覚障害者への情報保障に関する事業を行なっています。
◇点訳・点字印刷、名刺への点字印字
◇音声コード(SPコード)翻訳、データ作成
◇DAISY図書作成
 行政、企業、支援団体のみなさんからの注文をお待ちしています。
 見積もりなどいたしますので、お気軽にお問い合わせください。

平成30年4月9日
〜4月22日

ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業」個別研修

ネパールからの全盲の女性であるラクシミさんの研修を市内外の支援機関・団体などのご協力を得て2週間にわたり実施しました。
 施設の見学、就労支援機器や福祉制度、就労支援などについてのレクチャー、銀行などの視覚障害者への合理的配慮についての調査、音声読み上げソフトによるエクセルの高度な使い方などはもちろん、到津の森公園での当センター利用者や福岡教育大学韓研究室の学生さんとの交流なども行ないました。
 また、小倉城や門司港レトロでの人力車体験、旦過市場見学、戸畑で「角打ち」、サウンドテーブルテニス、門司港レトロ見学などなど楽しい経験もありました。
 ネパールに戻ったら、リーダーとしていろいろなところで活躍して欲しいと思います。

到津の森公園にて

門司港レトロ

平成30年2月5日

西日本家電リサイクル株式会社様より見学

当センターの作業所部門で製作しているコースターを大量にご注文いただいた西日本家電リサイクル株式会社様からの見学がありました。視覚に障害がある方がどのようにして点字紙をリサイクルしたコースターを作っているのが見てみたいということでした。いろいろな工夫をすることで見えない・見えにくい人が作業をしているところをご覧いただきました。

今回のお話は「東芝ビジネス&ライフサービス株式会社」に仲介していただきました。

平成30年1月14日
午前中:講演会 午後:懇親会

写真1:大胡田さん講演

NPO法人あいず15周年

当センターを運営する「特定非営利活動法人北九州市視覚障害者自立推進協会あいず」が設立15周年を迎え、記念行事として講演会と懇親会を実施しました。

記念講演会は、テレビドラマ化もされた「全盲の僕が弁護士になった理由」を書いた大胡田誠(おおごだまこと)さんを講師にお招きし、「視覚障害者の就労と自己実現」という題で講演をしていただきました。約100名のみなさんが大胡田さんの分かりやすく冗談を交えたお話に聞き入っていました。

午後からの懇親会は、約70名の方に出席をしていただき、和やかな雰囲気の中おいしい料理とお酒での歓談が続きました。

写真2:講演会会場

写真3:懇親会会場

更新履歴

令和 元年 8月 5日 トップページの「最新情報」を更新しました。
令和 元年 8月 1日 29年度までの「最新情報」を以前の情報ページへ移行しました。
平成31年 6月14日

「見えない・見えにくい人のための福祉機器展 in 北九州 2019」のページを作成しました

平成31年 4月16日 トップページの「最新情報」を更新しました。
平成29年 9月 7日 27年度の「最新情報」を以前の情報ページへ移行しました。
平成28年 4月12日 マッサージルームのページを更新しました。
平成27年 7月28日 日常生活用具のページを更新しました。
平成27年 6月 9日 西日本新聞記事へのリンクを貼りました。
平成26年11月18日 3周年イベントのページを追加しました。
平成26年 5月17日 以前の情報ページを追加しました。
平成25年 6月20日 Jawsスクリプター養成講座のページ を追加しました。
平成24年10月 8日 日常生活用具のページを追加しました。
平成24年 8月31日[更新履歴]をトップページに追加しました。
平成24年 8月10日ページをリニューアルしました。

NPO法人あいずへ

アイサポート相談支援事業所へ